速度の評判が良いUQモバイルのまとめ│動画視聴するならUQモバイルが快適!

UQモバイル速度

MVNOには様々な種類がありますが、その中でもUQモバイルは、通信スピードの安定的な速さで好評を得ています。格安SIMアワード2015の結果の通り、通信速度部門でトップの座に輝いたのがUQモバイルなのです。何よりも通信速度が最優先だという方には、 ぜひお試しいただきたいのがこのUQモバイル。MVNOや格安スマホがこれからどんなサービスを繰り広げるか、とても期待できますね。

UQモバイルにおける3日間制限について

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、誰もが同じように使用できるよう、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられます。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 所定の容量をオーバーしたことが判明した利用者は、200Kbpsという低速通信が実施される事です。ここ3日間でのデータ使用量が一定の値を下回れば、通信制限は解除されます。特別な使い方をしない限り、超過することは、なかなかないはずです。契約プランごとの規定容量は規定されていないようで、すべてのランで、直近3日間で1GBが規定値となっています。

UQmobileのユニークポイント

UQモバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。月々1,680円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。UQモバイルはAUから回線を借りているので、電波の強さ、通話エリアなどの質の良さもAUと一緒ですので安心してご利用できます。また、UQモバイルの格安スマホは、テザリングが無料というのも魅力の一つですね。UQモバイル等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。UQモバイルのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。UQモバイルの長所・短所交えながら、ご紹介します。

AUの基地局を使ったMVNO

格安スマホサービス、UQモバイルの回線は、AUの回線を使っています。そのため気になる通話品質はAUと変わりませんし、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。これまで使用していたAUのスマホであれば、UQモバイルでもそのまま使うことができます。また、端末はAUから買わなくてはならない訳ではなく、UQモバイルからSIMフリースマホセットで購入することもできます。AUのスマホをお持ちの方なら、SIMカードのみの契約で利用可能ですので、新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。AUの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

VoLTE(ボルテ)に対応

UQモバイルの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。VoLTEは、今までの音声通話に比べて音質がかなりよくなっており、 最新の音声通話の名称のことです。300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾うことが出来なかったこれまでの方式とは違います。VoLTEの周波数帯域は50Hz~7kHz。今までカットされてしまっていた低音部、高音部を幅広くカバーしています。その為、音質が改善され篭りの無いクリアな高音質な通話が可能になったのです。VoLTEに対応していることは、UQモバイルにとって安さ以外のセールスポイントになっています。

データ繰越しも可能

さらにUQモバイルがオトクなのは、使用しなかったデーター量は翌月に繰り越す事が可能で、月毎によってデータ量の使用が変わっても、ならして使えるので気にせず使えていいですよね。また、UQモバイルには画期的なターボ機能というものがあり、高速通信と低速通信に切り替えができる機能です。データ量を抑制しながら利用出来るので、不要なデータ量消費を削減できる有用なサービスです。

UQモバイル評判まとめ

UQモバイルの良いところは、MVNOの中でも特に通信スピードが速いことです。UQモバイルを使ってみて良かったという口コミなどの意見もよく聞かれ、料金プランが若干充実してなかったり、月額面で他社より高いという欠点はありますが、安定高速通信が可能なところを考えると、それらのデメリットは取るに足らない事柄とも言えます。格安スマホの購入を考えている方には魅力的な選択肢となることでしょう。

UQモバイル最大の魅力。快適な高速通信のスピードは必見

UQモバイルを使っていて一番良いところは、MVNOの中で他の追随を許さないハイスピード通信が可能なことでしょう。私がこれまで利用してきた複数のMVNOと比べても、とても通信速度が早いです。なおかつ安定しているので、最もよくUQモバイルを使っています。MVNOを使うにあたって、通信速度を1番に気にする方に、いちばん通信速度が速いやつはどこのものなのか?と請われたら、私は必ずUQモバイルだと伝えます。他社から比べると月額料金は、割高ではありますが、快適かつストレスのないことを考えてみたら、コスパもいいものだと思います。

UQモバイル月額と解約

UQモバイルの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。今使っている携帯電話やスマホの月々の料金と比べて、どれだけ通信費が抑えられるか、ご参考にして頂きたいと思います。どれぐらい節約できるのか、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

UQモバイルの月額プランと初期費用

UQモバイルのプランは、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。番号が070、080、090で始まるものは音声通話SIMとなるので、携帯電話やスマートフォンで今まで利用していた通話機能を利用する場合には、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。通話SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データSIMの料金プランは、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円です。

UQモバイルの2年縛りは?

UQモバイルの解約制限について、解説していきます。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。一方、音声通信SIMには、12か月もの契約縛りがあるのです。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、手数料として9,500円を徴収されることになります。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、3ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

間もなく締切のキャンペーン情報

mineoの通信速度と料金プラン・解約に関するまとめ│メリット・デメリットは?

通信速度

mineoのデータ通信速度につてご説明いたします。docomoの回線を使用するドコモプランの回線速度はLTE回線(下り最大225Mbps、上り最大25Mbps)で、AUプラン利用時でも、4GLTEエリアの最大値は225Mbpsとなります。ネットのニュース等でも比較の記事を目にしますが、利用者のアクセスが多い時間帯は、auやdocomo、Softbankといったキャリアの回線のほうが大幅に速い速度で通信できます。時間帯に関係なくスピードと安定したデータ通信を必要とされる方は、MVNOではなく、キャリア契約という選択をされたほうが良いでしょう。キャリアに比べてこれほど安いのだから、混雑時に通信回線の速度が遅くなったとしても、格安スマホはかなりいいサービスだと思います。

mineo AU回線プランにおける通信制御

キャリアにしろ、MVNOにしろ、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、通信の速度にリミットがかかります。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。mineoでは、料金プランによる規定値は規定されていないようで、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で1GBが規定値に設定されているようです。

マイネオ docomo回線プラン速度制御0

mineoのdocomo回線プラン通称Dプランならば、直近の3日間に使用したデータ通信量による、通信速度の制限は設けられていません。毎日の通信量に大きな波があることが事前に予測できる場合は、AU回線プランを選ぶよりdocomo回線プランの方が、制限を一切気にすることなく使えます。このような違いも吟味して、どのプランが良いか比較検討してみましょう。

mineo料金プランと解約について

月々の料金や通信速度など、mineoの概要について説明します。今、月々かかっているスマホの料金から、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、読んで頂ければと思います。ということで、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

mineoの料金プランと初期費用

mineoの料金プランは、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円となっています。

データ専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約手数料について

mineoの解約制限と違約金、これは事前に把握しておきましょう。mineoは利用しなければいけない期間がないMVNOので、解約した時のお金が一切かかりません。利用者にとって不要な出費となる違約金を気にせず格安SIMにトライできるので、試しに格安スマホを使ってみようと思う方には、とても便利なサービスだといえます。ただ、注意する点が1つあり、それは1年以内に他のキャリアに乗り換えると手数料がかかることです。通話SIMを契約される方は、この点をしっかり覚えておかれると良いでしょう。

mineo格安SIMのユニークポイント

mineoは、格安SIMや格安スマホを取り扱うMVNOです。既にdocomoかauのどちらかを使用している人であれば、現在の月額料金を安くする事が出来ます。mineoの格安スマホサービスは月々1,310円という驚きの安さ。この価格で使えるのはmineoだけ。人気が高いのもなるほどうなずけます。マルチキャリアMVNOを国内初で提供しているのが「mineo(マイネオ)」で、docomo回線とau回線のプランで注目されてるのはMVNOです。通話の品質やエリアはdocomo・AUのキャリア機器とまったく同じなので、繋がりやすさもお墨付きです。というわけで、今回は、mineoの詳細をまとめさせて頂きましたので、最後まで、お見逃しなく!

docomoとdocomo・AUネットワークを使った格安スマホサービス

mineoでは、docomoの回線を利用するプランとauの回線を利用するプランの二種類が選べます。通話の音質もdocomo・AU同様に高音質で、通話エリアもキャリアと同一です。docomoかauで契約していたスマホならそのまま利用する事が出来るので、スマートフォンを新規購入する煩わしさもありません。端末を新しく購入する必要が無いので、初期費用を大幅に抑える事が出来て大変便利なポイントです。手持ちのdocomo、AU端末がなければ、mineoで提供している格安なスマホを分割支払いで購入することもできます。品質が保証されているキャリア回線を格安で使えますし、どちらか自分の使い方に合った回線を選んで、携帯代を節約しましょう。お選びになるプランによっては料金が違ってきますので、それらの点に注意しながら比較検討することをおススメします。

高品質通話VoLTEプランも用意

VoLTE対応プランを導入したことでmineoが話題になっています。VoLTEというのは、最新の通話方法の名称です。日本ではNTTドコモが2014年から提供を始めた新しいデータ通信技術です。今までの音声通話で聴くことができる音は、300Hz~3.4kHzの間の音だけでした。今回のVoLTEにおいては、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになりました。VoLTEがいままでの通話方式と比べて、よりよい音質で通話できる方式であるということがおわかりいただけましたでしょうか。VoLTEは、mineoの素晴らしい魅力の一つです。

データくりこしに対応している

あとmineoには、余ったデータ通信量を翌月に繰り越すこともできるので、月毎によってデータ量の使用が変わっても、余ったデータ容量を無駄にすることなく、安心して使用できます。

mineoスイッチの活用で、データ量圧縮!

mineoではmineoスイッチと呼ばれるものがあり、通信の速度を高速モードと低速モードの間で自由に切り替えられます。この機能によりデータ消費量を抑えることができてとても便利です。mineoスイッチを電波の状況で公衆無線LANと切り替えると、データ量を抑える事が出来るので、より低額なプランで事足る事もあるでしょう。非常にお得なMVNOですので、是非ご検討下さい。

【終了間近】限定キャンペーン