楽天モバイルの料金プランと口コミ・評判の総まとめ!

楽天モバイル料金プラン

格安スマホの楽天モバイルの料金プランを詳しくご案内していきます。いまのスマホ代と比較しながら、どれくらい安くなるのかという点についてです。 楽天モバイルのそれぞれの料金およびプランについて、初期費用も加えてご説明しますね。

楽天モバイルの料金プランと初期費用

楽天モバイルの料金は、SIMというのは音声用とデータ用と2種類あり、料金も異なります。音声通話機能付きSIMだと090や070、080といった携帯で使っている番号が使えるので、今まで使っていた携帯電話と同じように使いたい場合には、音声通話が可能なSIMを選ばなければならないことに気をつけましょう。音声SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円です。

ベーシックプランは低速回線のみの使い放題というプランになり、それ以外のプランは、LTEの高速回線が使える225Mbpsのプランになっています。初期費用は、一律で3,240円となっており、あとは、端末を購入際、その分のお支払いになります。

楽天モバイルの解約制限について

解約制限と解約違約金、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMは、いつからいつまで利用しなければならないという、決まりがありません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。ただし、通話SIMには1年間の最低利用期間が設定されています。もしも最低利用期間の12か月以内に解約してしまうと、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は9800円です。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、1年間我慢して、1年1ヶ月経てばいつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

楽天モバイルのインターネット速度

楽天モバイルの回線は、NTT docomoのLTE回線(225Mbps)を使用しています。速度に関しては、dokomoの回線ということは、通信速度は問題ないですね。docomoと同じ回線が格安で利用できるとは、楽天モバイルの強みとなりそうです。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの通信制御

どのMVNOでも変わりませんが、契約者が均等に快適な通信が行えるよう、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。各プランの規定容量 3.1GBプラン:540MB/3日 5GBプラン:1GB/3日 10GBプラン:1.7GB/3日

楽天mobileの気になるポイント

楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りて格安SIM,格安スマホを提供するMVNOの一つです。ドコモやauなどのキャリアから乗り換えてのご利用であれば、毎月の料金を大幅に減らすことができるサービスなのです。現在話題となっているのが、月々1250円で利用できるSIMサービスです。楽天モバイルの特徴はドコモと同じ回線を使っているという点で、通話品質、サービスエリアもNTTドコモの利用時と全く変わりません。さらに、楽天モバイル契約中は楽天市場の買い物で得ることができるポイントが通常の2倍というのもお得ですね。さて、楽天モバイルの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。楽しく、読んで頂ければと思います。

docomo回線網を利用した格安スマホ

大手インターネット通販サイトでおなじみの楽天が運営している楽天モバイルは、NTTドコモの回線を借りてサービスを提供しています。NTTドコモの回線を利用しているという事は、通話品質もNTTドコモと同じという事で、対応出来るエリアも広く、繋がりやすいので、安心してください。しかもドコモのスマホならだいたいの機種でそのまま楽天モバイルが使えてしまうんです。ドコモからの切り替えではなく、楽天モバイルで発売されているスホを直接ご購入いただくことも可能です。既にドコモのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけで楽天モバイルが使えるようになりますので、スマホを新しく用意する手間や面倒がなくもう一台契約したことになり便利に賢く利用できます。信頼のドコモの回線を使えて、今までよりも安価で利用できるお得なサービス、それが楽天モバイルの格安スマートフォンサービスです。

セット端末が選択肢豊富すぎる

楽天モバイルに対応していないスマートフォンをお持ちでない方は、楽天モバイルに対応したスマートフォン本体を購入していただく必要があります。そんな人のために楽天モバイルではスマホ本体もセット販売していますが、特徴的なのが種類の多さで、他のMVNOよりも選択肢が豊富です。スマートフォンでは画面が小さいという方も,楽天モバイルではたくさんの種類のタブレットも買うことができますので、満足の行く端末が見つかると思います。楽天モバイルの弱点のひとつとも言えるのが、端末を分割払いする場合は楽天カードを利用する必要があるということです。楽天カードを未所有の場合、端末代の支払い方法は、セット販売を申し込んだ後に一括払いでということになります。ただ、機種の多さはMVNOの中でもNo.1です。

あまったデータ容量の翌月繰越対応してます。

それぞれのプランによってデータ通信量は異なりますが、データの通信量はその時々で違うので、ひと月で全てを使い切れないこともあります。しかし楽天モバイルの場合なら、残ったデータ転送量や容量を翌月分に計上して使用することができます。この繰り越しサービスに関しては、行っていないMVNOも多くあるので、次月への持越しができるという点は、楽天モバイルならではの魅力といえるでしょう。格安スマホといえど、月々のデータ通信量も無駄なく使いたいものですよね。

通話代が半額になると話題の楽天でんわ

「楽天でんわ」とは、楽天グループ傘下の楽天モバイルが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。プレフィックス型通話サービスなので、IP電話とは異なり、発信者番号は通知されるようになっています。もちろん、IP電話にはありがちな050番号が付加されることもなく、あなたがいつも使っている携帯の電話番号が相手に通知されます。電話相手からして見れば、いつも通りの着信と変わりはないわけです。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりとちょっと使いづらいですが、その点楽天でんわは、非常に使い勝手が良いです。楽天でんわでの通話料金は、楽天ポイントとして加算されるのでとてもお得になっています。

5分電話し放題開始

国内の大手であるキャリア3社は、かけ放題の料金コースがありますが、殆どのMVNOがその通話し放題のプランに対応していません。そのような中、MVNOの格安スマホのメリットはそのままに、格安の通話料金を実現する新たなサービスが始まりました。月々850円で利用できる、国内通話の最初の5分間が何度でも無料になるというオプションが楽天モバイルに登場しました。このかけ放題サービスは一般的な電話回線を使うので、楽天でんわと一緒で、番号通知サービスもできるので、通常の電話と変わりなく話し放題になる点が、大きなメリットです。MVNOのNifMoでも同様の通話し放題サービスを提供していますが、発信者番号通知には対応していないケースが多いようです。楽天でんわの通話料は1分あたり21.6円となっているので、月に1時間以上通話している方にとってはお薦めのサービスですね。

到着月は無料!

格安SIMの契約を楽天モバイルで結ぶと、最初の月の月額料金は0円になります。ここで言う最初の一ヶ月とは、SIMカードやスマホ本体を手にした日を含む月のことです。SIMカードが月の初めに到着すれば、無料期間が1カ月となることもありますね!ですが、今使っているスマホについても料金や解約料の支払いなどが生じるはずですから、初月無料だけ目的に、単純に月初めまで待つことが得策とは限りません。

間もなく終了のキャンペーンの詳細

Umobileの通信スピードと解約時の料金・評判などについて

Umobileの通信スピード

MVNOはあまたあれど、Umobileは、225MbqsのLTE回線を使用したdocomoの価格が自慢のサービスです。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。

Umobileの通信制限

Umobileは、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、規定の通信量を超えた利用者には、速度を制限した状態で回線を使用することになります。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。ただ、Umobileの場合、速度制限の対象とする直近72時間の通信量を発表していません。

Umobileの特徴まとめ

格安スマートフォン・格安SIMを提供するUmobileは、動画配信サイト「U-NEXT」を運営している株式会社U-NEXTが運営しています。U-NEXTは2015年に東証一部上場して一段と大きくなって、上場した事で更に信頼と安心感が増し、ベンチャー企業で歴史は浅いですが、人気のMVNOの一つまで成長しています。また、格安スマホの中では、LTEが使い放題のプランがあることでも注目を浴びています。高速回線を無制限で使いたいならUmobileがおすすめです。さて、いきましょう!Umobileの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、気持ちを楽にして読んでみてください。

docomoエリア対応の格安SIM・格安スマホ

格安スマホサービスとして人気を集めているUmobileはdocomoから回線を借りてサービスを行っています。ですのでもちろん通話品質はドコモと同じですし、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。docomoのスマホであれば、新たに機種を購入することなくUmobileでも使えます。UmobileではSIMフリー端末とSIMをセットで購入することも可能です。また既にdocomoのスマホがお手元にある方であれば、Umobileの利用開始にはSIMカードのみの契約でOKですので、すでに端末をお持ちの方は端末代がかからないという点でも、通信費が節約できますね。そんなUmobileをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つdocomoと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

LTEが無制限!

Umobileには、「LTE使い放題」と言うプランがあり、多くの競合他社が実現できていないプランのため、Umobileの人気プランの一つとなっています。容量の制限を気にかけることなくハイスピードなLTE回線で通信したい人には、ストレスフリーで利用できるため、かなりお得なプランとなっております。このように快適なプランにもかかわらず、3000円を切るお値段に設定しています。大手携帯キャリアの料金プランと比較すると、その安さは際立っていますね。特に月々の通信量が多いという方にとっては頼もしい料金設定と言えますね。普段高速データ通信を多く利用される方は、Umobileはかなりお得な格安スマホです。Umobileの公式サイトから、LTE使い放題プランの詳細を確認することができるので、ぜひお確かめください。

当日中のMNPが可能

U-mobileでは、現在利用している携帯電話番号をそのまますぐに利用できる即日MNPにも対応しています。「MNP届け出方式」と呼ばれるやり方をとっているため、手続きはオンライン上でスピーディに、不便をおかけすることなくMNPが利用可能となっています。以前はMNPを即日に申請する場合は店頭での申し込みのみでしたが、店頭に出向くことなくいつでもどこでも即日MNPが出来るようになったのです。MNPの手続きの際、携帯電話が不通になる期間が気になり、乗り換えには気が進まなかった人でも、積極的にMNP切り替えをすることが可能です。その際の手続きですが、まずはSIMカードが郵送されます。それが手元に到着した後に、Uモバイルのマイページにログインをし、回線切替というボタンを押下する事により、手続きは完了となります。今まで障害となっていたMNP転入時のストレスが解放され、ますます多くの方に格安スマホを使っていただけるようになりました。

Umobileの評価まとめ

Umobileを利用する最大の利点を考えたら、次世代高速通信LTEがいつでもいくらでも使えるようになっています。docomoと同じ品質のLTE回線で容量の制限を受けることなく高速通信ができるというのは、他ではお目にかかることはない珍しいプランです。このプランをうまく活用して、他社から乗り換えることで、月々のスマホ料金を大幅に抑える事が出来る可能性があります。

通話SIMなら、毎月最大600ポイントバック!

100万契約を超えた動画配信サービスU-NEXTで利用できる、 U-NEXTポイントの毎月還元されるというお得な特典もあります。このポイントバック特典はLTE使い放題の2プランでは毎月400ポイント、その他のプランでは更に+200ポイントの毎月600ポイントが還元されます。U-NEXTは、1作品約300円で視聴できるので、月2本くらいは無料で視聴できるということになります。映画・国内、海外ドラマはもとより、アニメやバラエティ番組などもあり、動画のラインナップは非常に豊富です。Umobileでは、月額3000円以下の出費ですみ、400~600のポイントがもらえます。オトク感の高いサービスではないでしょうか。

Umobile月額プランと解約

Umobileの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。今、月々かかっているスマホの料金から、支払額にどのくらいの差があるのか、じっくりと見比べてみてください。これから、月額プランを見てみましょう。

Umobileの料金と初期費用

Umobileのプランは、SIMにはデータ専用と音声通話付きの二通りがあり、それぞれ料金が別になっています。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、大手キャリアと同じように携帯電話を使いたい人は、音声通話SIMの選択が条件になるので、ここではデータ通信を選ばないようにしてください。音声通話SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円です。

「Umobile通話プラスLTE使い放題」というプランよりも月額料金が、250円安く済む格安のサービスです。

ユーモバイルの最低利用期間について

ユーモバイルの解約縛りと解約違約金、これは事前に把握しておきましょう。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。解約手数料は無料なので、安心です。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも6ヶ月となっています。もしも最低利用期間の6か月以内に解約してしまうと、解約手数料6,000円取られますのでご注意ください。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、7ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

「LTE使い放題2」の解約違約金

UmobileのLTE使い放題2プランのみには、最低利用期間や違約金などの解約制限がついています。契約時から6ヶ月以内で解約をすると、9,500円の違約金が発生します。7ヶ月~12ヶ月目での解約では違約金が3,500円になります。また、プラン変更を利用開始月から11ヶ月以内で行う場合にもプラン変更手数料として3,500円が必要となります。他のプランとは解約金や利用期間に関するルールが色々異なるのは、理解をしておいて下さい特別に最低利用期間・解約料が設定されている分、月額費用も毎月250円安くなっていますので、利用期間が1年以上になる方であれば、オススメはLTE使い放題2プランの方になります。

いま開催中のキャンペーン!!

IIJmioの評判と特徴│株式会社IIJの格安SIM・格安スマホサービスのレビュー

IIJmioの評判

IIJmioの特徴というのは、MVNOとしては老舗であるという安心感と、サポートに対する顧客満足度の高さにあります。リサーチ企業が行った、顧客満足度調査(格安SIMアワード)においても、お客様に人気があるということが、わかります。サポート体制として、電話対応も十分満足いただけるだけのものを備えており、格安スマホへの乗り換えを躊躇している方でも、IIJmioは頼れるMVNOとして皆様におすすめできる一品です。

アフターサポートの手厚さと実効速度の安定感が魅力的!

IIJmioの口コミや評判で多く聞かれるのは、安定感のある高速通信と手厚いサポートが高評価を得ているポイントのようです。格安SIMアワードを受賞した評判の高さから分かるように、最優秀賞を受賞するに至るほどのサービスを提供している企業です。これは他の格安スマホよりも魅力的な部分でもあります。更に、様々なMVNOの中で、長い実績とブランド力が強みであるMVNOであると言えます。今すぐ探してみてください。あなたが目にするのは☆五個の評価ばかりです、これから格安スマホの利用を検討している方には、安心して選べるMVNOの一つになるでしょう。

IIJmioの回線スピード

たくさんあるMVNOの中でも、IIJmioは、使用している格安スマホのサービス体系はdocomoの225MbpsのLTE回線である。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。通信するのにまだかまだかとイライラすることもなく、 口コミやレビューサイトへの、ユーザーによる書き込みでも、概ね、高評価を得ているなという実感を持ちます。安くてネット環境が整っているスマホが欲しいという方は、IIJmioが有力な選択肢になるでしょう。

IIJmioでの速度制御について

みおふぉんは、ただし、低速通信時の時のみ直近の3日間の利用状況によって速度規制が発生する場合がありますが、ただし、高速通信の利用時にはこの3日間の通信量制限はありませんので通信量を気にせずお使い頂けます。利用者の平等な利用環境のために、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、予め決められたデータ通信の容量を超えたユーザーに対して、速度が制限されます。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。

IIJmio料金プラン

IIJmioの料金について、また通信スピードについて説明したいと思います。現時点で請求されているスマートフォン利用料金と照らし合わせながら、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、考えてみてください。どれだけ安いのか、IIJmioの料金プランを見ていきましょう。

みおふぉんの月額プラン・初期費用

IIJmioの料金は、データ専用のSIMと音声通話ができるSIMの2種類あります。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、必ず音声機能付きSIMを選択するよう、お願いいたします。通話SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円となっています。

IIJmioの解約手数料について

みおふぉんの解約制限と違約金に関して、ご紹介していきます。IIJmioの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。そのため何らかの理由で、12ヶ月経っていないのに解約を申込みますと、違約金の9,000円を支払わなければなりません。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヵ月目以降はいつ解約しても違約金を支払う必要がなく、利用者への便宜が図られています。

IIJmioって?

株式会社インターネットイニシアティブの取り扱う格安スマホ&格安SIMである「みおふぉん」について、ご紹介します。インターネットイニシアティブジャパンは日本初の商用インターネットサービスプロバイダーとして知られていますが、MVNO業界にも古くから参入しており、まだ格安SIM/格安スマホという言葉があまり世の中に出回っていない頃からサービスを提供していたので、IIJmio(アイアイジェイミオ)という名称を聞いたことのある方も多いでしょう。ユーザーからの満足度の高さは、顧客満足度調査の総合満足度で最優秀を獲得した結果からもわかります。受賞した大きな理由は、評価の高いブランドイメージと充実したサポート対応が評価されたからだと言われています。さて、いきましょう!IIJmioの料金やデータ通信に関してまとめましたので、お楽しみ頂ければと思います。

docomo回線網を使った格安スマホサービス

IIJmioの回線は、大手キャリアであるドコモの回線をそのまま利用しています。だから通話品質もdocomoと同じクオリティーですし、サービスエリアもdocomoと同じで広いため信頼抜群。「電波が悪いんじゃ…?」なんて心配いらずで使えます。また、docomoのスマホはほとんどがIIJmioで使用できます。IIJmioではSIMフリー端末とSIMをセットで購入することも可能です。docomoのスマホをお持ちの方であれば初期費用としてはSIMカードの契約だけとなりますので、新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。この様なメリットを勘案すると、IIJmioはdocomoの回線を利用した、格安で安定した高速通信サービスであるといえます。

初速バースト機能で低速時がより快適に。

IIJmioにはバースト機能っていうすごくいい機能があります。バースト機能という言葉を初めて聞く方も多いと思いますので、ご説明していきます。低速通信使用の時に、始めの数秒間だけ光速通信となり、アクセスしたサイトの表示速度を向上させる機能の事をバースト機能といいます。これによって、低速通信でもページの表示がスムーズに行われるため、インターネットになかなか接続できないという一番のストレスになりやすい部分を解消することができ、サクサクとネットを楽しめるようになります。注目されている機能なのです。ですが、今のところ、このバースト転送ができるのは、残念ながらIIJmioとDMMモバイルの2社のみなのです。

データ通信量の翌月くりこし

各プランでデータ容量が異なりますが、使用量が少なく、かなり残ってしまう月もあると思います。そんなとき、利用しているのがIIJmioだったなら、使い残した分の容量を次の月に引き継ぐことができます。この繰り越しサービスに関しては、行っていないMVNOも多くあるので、このサービスは、IIJmioが提供するお得なサービスの一つです。無駄なく使うことができるなんて、最高ですね。

両親+子どもでも余裕で使える、10枚までOK!

IIJmioのサービスの一つ、ファミリーシェアを利用する場合は、SIMカード最大10枚まで追加が可能となっています。つまり1つの家庭に多くの人がいれば、今利用している携帯通信料との価格差が相当なことは明らかです。家族全員分の携帯料金を合算して考えると、びっくるするほどの節約効果が出ることがわかると思います。家族全員分の携帯代のコストカットを考える良い機会となるでしょう。サポート体制がしっかりしているIIJmioであれば、安心して格安スマホを使うことが出来るでしょう。子供に携帯を持たせる場合には何かと不安ですが、IIJmioなら「みまもりパック」というオプションがあります。これは、有害サイトなどもしっかりブロックしてくれるので安心です。

【今月開催中】キャンペーンの詳細