Umobileの通信スピードと解約時の料金・評判などについて

Umobileの通信スピード

MVNOはあまたあれど、Umobileは、225MbqsのLTE回線を使用したdocomoの価格が自慢のサービスです。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。

Umobileの通信制限

Umobileは、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、規定の通信量を超えた利用者には、速度を制限した状態で回線を使用することになります。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。ただ、Umobileの場合、速度制限の対象とする直近72時間の通信量を発表していません。

Umobileの特徴まとめ

格安スマートフォン・格安SIMを提供するUmobileは、動画配信サイト「U-NEXT」を運営している株式会社U-NEXTが運営しています。U-NEXTは2015年に東証一部上場して一段と大きくなって、上場した事で更に信頼と安心感が増し、ベンチャー企業で歴史は浅いですが、人気のMVNOの一つまで成長しています。また、格安スマホの中では、LTEが使い放題のプランがあることでも注目を浴びています。高速回線を無制限で使いたいならUmobileがおすすめです。さて、いきましょう!Umobileの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、気持ちを楽にして読んでみてください。

docomoエリア対応の格安SIM・格安スマホ

格安スマホサービスとして人気を集めているUmobileはdocomoから回線を借りてサービスを行っています。ですのでもちろん通話品質はドコモと同じですし、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。docomoのスマホであれば、新たに機種を購入することなくUmobileでも使えます。UmobileではSIMフリー端末とSIMをセットで購入することも可能です。また既にdocomoのスマホがお手元にある方であれば、Umobileの利用開始にはSIMカードのみの契約でOKですので、すでに端末をお持ちの方は端末代がかからないという点でも、通信費が節約できますね。そんなUmobileをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つdocomoと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

LTEが無制限!

Umobileには、「LTE使い放題」と言うプランがあり、多くの競合他社が実現できていないプランのため、Umobileの人気プランの一つとなっています。容量の制限を気にかけることなくハイスピードなLTE回線で通信したい人には、ストレスフリーで利用できるため、かなりお得なプランとなっております。このように快適なプランにもかかわらず、3000円を切るお値段に設定しています。大手携帯キャリアの料金プランと比較すると、その安さは際立っていますね。特に月々の通信量が多いという方にとっては頼もしい料金設定と言えますね。普段高速データ通信を多く利用される方は、Umobileはかなりお得な格安スマホです。Umobileの公式サイトから、LTE使い放題プランの詳細を確認することができるので、ぜひお確かめください。

当日中のMNPが可能

U-mobileでは、現在利用している携帯電話番号をそのまますぐに利用できる即日MNPにも対応しています。「MNP届け出方式」と呼ばれるやり方をとっているため、手続きはオンライン上でスピーディに、不便をおかけすることなくMNPが利用可能となっています。以前はMNPを即日に申請する場合は店頭での申し込みのみでしたが、店頭に出向くことなくいつでもどこでも即日MNPが出来るようになったのです。MNPの手続きの際、携帯電話が不通になる期間が気になり、乗り換えには気が進まなかった人でも、積極的にMNP切り替えをすることが可能です。その際の手続きですが、まずはSIMカードが郵送されます。それが手元に到着した後に、Uモバイルのマイページにログインをし、回線切替というボタンを押下する事により、手続きは完了となります。今まで障害となっていたMNP転入時のストレスが解放され、ますます多くの方に格安スマホを使っていただけるようになりました。

Umobileの評価まとめ

Umobileを利用する最大の利点を考えたら、次世代高速通信LTEがいつでもいくらでも使えるようになっています。docomoと同じ品質のLTE回線で容量の制限を受けることなく高速通信ができるというのは、他ではお目にかかることはない珍しいプランです。このプランをうまく活用して、他社から乗り換えることで、月々のスマホ料金を大幅に抑える事が出来る可能性があります。

通話SIMなら、毎月最大600ポイントバック!

100万契約を超えた動画配信サービスU-NEXTで利用できる、 U-NEXTポイントの毎月還元されるというお得な特典もあります。このポイントバック特典はLTE使い放題の2プランでは毎月400ポイント、その他のプランでは更に+200ポイントの毎月600ポイントが還元されます。U-NEXTは、1作品約300円で視聴できるので、月2本くらいは無料で視聴できるということになります。映画・国内、海外ドラマはもとより、アニメやバラエティ番組などもあり、動画のラインナップは非常に豊富です。Umobileでは、月額3000円以下の出費ですみ、400~600のポイントがもらえます。オトク感の高いサービスではないでしょうか。

Umobile月額プランと解約

Umobileの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。今、月々かかっているスマホの料金から、支払額にどのくらいの差があるのか、じっくりと見比べてみてください。これから、月額プランを見てみましょう。

Umobileの料金と初期費用

Umobileのプランは、SIMにはデータ専用と音声通話付きの二通りがあり、それぞれ料金が別になっています。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、大手キャリアと同じように携帯電話を使いたい人は、音声通話SIMの選択が条件になるので、ここではデータ通信を選ばないようにしてください。音声通話SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円です。

「Umobile通話プラスLTE使い放題」というプランよりも月額料金が、250円安く済む格安のサービスです。

ユーモバイルの最低利用期間について

ユーモバイルの解約縛りと解約違約金、これは事前に把握しておきましょう。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。解約手数料は無料なので、安心です。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも6ヶ月となっています。もしも最低利用期間の6か月以内に解約してしまうと、解約手数料6,000円取られますのでご注意ください。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、7ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

「LTE使い放題2」の解約違約金

UmobileのLTE使い放題2プランのみには、最低利用期間や違約金などの解約制限がついています。契約時から6ヶ月以内で解約をすると、9,500円の違約金が発生します。7ヶ月~12ヶ月目での解約では違約金が3,500円になります。また、プラン変更を利用開始月から11ヶ月以内で行う場合にもプラン変更手数料として3,500円が必要となります。他のプランとは解約金や利用期間に関するルールが色々異なるのは、理解をしておいて下さい特別に最低利用期間・解約料が設定されている分、月額費用も毎月250円安くなっていますので、利用期間が1年以上になる方であれば、オススメはLTE使い放題2プランの方になります。

いま開催中のキャンペーン!!

mineoの通信速度と料金プラン・解約に関するまとめ│メリット・デメリットは?

通信速度

mineoのデータ通信速度につてご説明いたします。docomoの回線を使用するドコモプランの回線速度はLTE回線(下り最大225Mbps、上り最大25Mbps)で、AUプラン利用時でも、4GLTEエリアの最大値は225Mbpsとなります。ネットのニュース等でも比較の記事を目にしますが、利用者のアクセスが多い時間帯は、auやdocomo、Softbankといったキャリアの回線のほうが大幅に速い速度で通信できます。時間帯に関係なくスピードと安定したデータ通信を必要とされる方は、MVNOではなく、キャリア契約という選択をされたほうが良いでしょう。キャリアに比べてこれほど安いのだから、混雑時に通信回線の速度が遅くなったとしても、格安スマホはかなりいいサービスだと思います。

mineo AU回線プランにおける通信制御

キャリアにしろ、MVNOにしろ、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、通信の速度にリミットがかかります。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。mineoでは、料金プランによる規定値は規定されていないようで、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で1GBが規定値に設定されているようです。

マイネオ docomo回線プラン速度制御0

mineoのdocomo回線プラン通称Dプランならば、直近の3日間に使用したデータ通信量による、通信速度の制限は設けられていません。毎日の通信量に大きな波があることが事前に予測できる場合は、AU回線プランを選ぶよりdocomo回線プランの方が、制限を一切気にすることなく使えます。このような違いも吟味して、どのプランが良いか比較検討してみましょう。

mineo料金プランと解約について

月々の料金や通信速度など、mineoの概要について説明します。今、月々かかっているスマホの料金から、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、読んで頂ければと思います。ということで、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

mineoの料金プランと初期費用

mineoの料金プランは、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円となっています。

データ専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約手数料について

mineoの解約制限と違約金、これは事前に把握しておきましょう。mineoは利用しなければいけない期間がないMVNOので、解約した時のお金が一切かかりません。利用者にとって不要な出費となる違約金を気にせず格安SIMにトライできるので、試しに格安スマホを使ってみようと思う方には、とても便利なサービスだといえます。ただ、注意する点が1つあり、それは1年以内に他のキャリアに乗り換えると手数料がかかることです。通話SIMを契約される方は、この点をしっかり覚えておかれると良いでしょう。

mineo格安SIMのユニークポイント

mineoは、格安SIMや格安スマホを取り扱うMVNOです。既にdocomoかauのどちらかを使用している人であれば、現在の月額料金を安くする事が出来ます。mineoの格安スマホサービスは月々1,310円という驚きの安さ。この価格で使えるのはmineoだけ。人気が高いのもなるほどうなずけます。マルチキャリアMVNOを国内初で提供しているのが「mineo(マイネオ)」で、docomo回線とau回線のプランで注目されてるのはMVNOです。通話の品質やエリアはdocomo・AUのキャリア機器とまったく同じなので、繋がりやすさもお墨付きです。というわけで、今回は、mineoの詳細をまとめさせて頂きましたので、最後まで、お見逃しなく!

docomoとdocomo・AUネットワークを使った格安スマホサービス

mineoでは、docomoの回線を利用するプランとauの回線を利用するプランの二種類が選べます。通話の音質もdocomo・AU同様に高音質で、通話エリアもキャリアと同一です。docomoかauで契約していたスマホならそのまま利用する事が出来るので、スマートフォンを新規購入する煩わしさもありません。端末を新しく購入する必要が無いので、初期費用を大幅に抑える事が出来て大変便利なポイントです。手持ちのdocomo、AU端末がなければ、mineoで提供している格安なスマホを分割支払いで購入することもできます。品質が保証されているキャリア回線を格安で使えますし、どちらか自分の使い方に合った回線を選んで、携帯代を節約しましょう。お選びになるプランによっては料金が違ってきますので、それらの点に注意しながら比較検討することをおススメします。

高品質通話VoLTEプランも用意

VoLTE対応プランを導入したことでmineoが話題になっています。VoLTEというのは、最新の通話方法の名称です。日本ではNTTドコモが2014年から提供を始めた新しいデータ通信技術です。今までの音声通話で聴くことができる音は、300Hz~3.4kHzの間の音だけでした。今回のVoLTEにおいては、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになりました。VoLTEがいままでの通話方式と比べて、よりよい音質で通話できる方式であるということがおわかりいただけましたでしょうか。VoLTEは、mineoの素晴らしい魅力の一つです。

データくりこしに対応している

あとmineoには、余ったデータ通信量を翌月に繰り越すこともできるので、月毎によってデータ量の使用が変わっても、余ったデータ容量を無駄にすることなく、安心して使用できます。

mineoスイッチの活用で、データ量圧縮!

mineoではmineoスイッチと呼ばれるものがあり、通信の速度を高速モードと低速モードの間で自由に切り替えられます。この機能によりデータ消費量を抑えることができてとても便利です。mineoスイッチを電波の状況で公衆無線LANと切り替えると、データ量を抑える事が出来るので、より低額なプランで事足る事もあるでしょう。非常にお得なMVNOですので、是非ご検討下さい。

【終了間近】限定キャンペーン