IIJmioの評判と特徴│株式会社IIJの格安SIM・格安スマホサービスのレビュー

IIJmioの評判

IIJmioの特徴というのは、MVNOとしては老舗であるという安心感と、サポートに対する顧客満足度の高さにあります。リサーチ企業が行った、顧客満足度調査(格安SIMアワード)においても、お客様に人気があるということが、わかります。サポート体制として、電話対応も十分満足いただけるだけのものを備えており、格安スマホへの乗り換えを躊躇している方でも、IIJmioは頼れるMVNOとして皆様におすすめできる一品です。

アフターサポートの手厚さと実効速度の安定感が魅力的!

IIJmioの口コミや評判で多く聞かれるのは、安定感のある高速通信と手厚いサポートが高評価を得ているポイントのようです。格安SIMアワードを受賞した評判の高さから分かるように、最優秀賞を受賞するに至るほどのサービスを提供している企業です。これは他の格安スマホよりも魅力的な部分でもあります。更に、様々なMVNOの中で、長い実績とブランド力が強みであるMVNOであると言えます。今すぐ探してみてください。あなたが目にするのは☆五個の評価ばかりです、これから格安スマホの利用を検討している方には、安心して選べるMVNOの一つになるでしょう。

IIJmioの回線スピード

たくさんあるMVNOの中でも、IIJmioは、使用している格安スマホのサービス体系はdocomoの225MbpsのLTE回線である。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。通信するのにまだかまだかとイライラすることもなく、 口コミやレビューサイトへの、ユーザーによる書き込みでも、概ね、高評価を得ているなという実感を持ちます。安くてネット環境が整っているスマホが欲しいという方は、IIJmioが有力な選択肢になるでしょう。

IIJmioでの速度制御について

みおふぉんは、ただし、低速通信時の時のみ直近の3日間の利用状況によって速度規制が発生する場合がありますが、ただし、高速通信の利用時にはこの3日間の通信量制限はありませんので通信量を気にせずお使い頂けます。利用者の平等な利用環境のために、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、予め決められたデータ通信の容量を超えたユーザーに対して、速度が制限されます。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。

IIJmio料金プラン

IIJmioの料金について、また通信スピードについて説明したいと思います。現時点で請求されているスマートフォン利用料金と照らし合わせながら、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、考えてみてください。どれだけ安いのか、IIJmioの料金プランを見ていきましょう。

みおふぉんの月額プラン・初期費用

IIJmioの料金は、データ専用のSIMと音声通話ができるSIMの2種類あります。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、必ず音声機能付きSIMを選択するよう、お願いいたします。通話SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円となっています。

IIJmioの解約手数料について

みおふぉんの解約制限と違約金に関して、ご紹介していきます。IIJmioの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。そのため何らかの理由で、12ヶ月経っていないのに解約を申込みますと、違約金の9,000円を支払わなければなりません。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヵ月目以降はいつ解約しても違約金を支払う必要がなく、利用者への便宜が図られています。

IIJmioって?

株式会社インターネットイニシアティブの取り扱う格安スマホ&格安SIMである「みおふぉん」について、ご紹介します。インターネットイニシアティブジャパンは日本初の商用インターネットサービスプロバイダーとして知られていますが、MVNO業界にも古くから参入しており、まだ格安SIM/格安スマホという言葉があまり世の中に出回っていない頃からサービスを提供していたので、IIJmio(アイアイジェイミオ)という名称を聞いたことのある方も多いでしょう。ユーザーからの満足度の高さは、顧客満足度調査の総合満足度で最優秀を獲得した結果からもわかります。受賞した大きな理由は、評価の高いブランドイメージと充実したサポート対応が評価されたからだと言われています。さて、いきましょう!IIJmioの料金やデータ通信に関してまとめましたので、お楽しみ頂ければと思います。

docomo回線網を使った格安スマホサービス

IIJmioの回線は、大手キャリアであるドコモの回線をそのまま利用しています。だから通話品質もdocomoと同じクオリティーですし、サービスエリアもdocomoと同じで広いため信頼抜群。「電波が悪いんじゃ…?」なんて心配いらずで使えます。また、docomoのスマホはほとんどがIIJmioで使用できます。IIJmioではSIMフリー端末とSIMをセットで購入することも可能です。docomoのスマホをお持ちの方であれば初期費用としてはSIMカードの契約だけとなりますので、新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。この様なメリットを勘案すると、IIJmioはdocomoの回線を利用した、格安で安定した高速通信サービスであるといえます。

初速バースト機能で低速時がより快適に。

IIJmioにはバースト機能っていうすごくいい機能があります。バースト機能という言葉を初めて聞く方も多いと思いますので、ご説明していきます。低速通信使用の時に、始めの数秒間だけ光速通信となり、アクセスしたサイトの表示速度を向上させる機能の事をバースト機能といいます。これによって、低速通信でもページの表示がスムーズに行われるため、インターネットになかなか接続できないという一番のストレスになりやすい部分を解消することができ、サクサクとネットを楽しめるようになります。注目されている機能なのです。ですが、今のところ、このバースト転送ができるのは、残念ながらIIJmioとDMMモバイルの2社のみなのです。

データ通信量の翌月くりこし

各プランでデータ容量が異なりますが、使用量が少なく、かなり残ってしまう月もあると思います。そんなとき、利用しているのがIIJmioだったなら、使い残した分の容量を次の月に引き継ぐことができます。この繰り越しサービスに関しては、行っていないMVNOも多くあるので、このサービスは、IIJmioが提供するお得なサービスの一つです。無駄なく使うことができるなんて、最高ですね。

両親+子どもでも余裕で使える、10枚までOK!

IIJmioのサービスの一つ、ファミリーシェアを利用する場合は、SIMカード最大10枚まで追加が可能となっています。つまり1つの家庭に多くの人がいれば、今利用している携帯通信料との価格差が相当なことは明らかです。家族全員分の携帯料金を合算して考えると、びっくるするほどの節約効果が出ることがわかると思います。家族全員分の携帯代のコストカットを考える良い機会となるでしょう。サポート体制がしっかりしているIIJmioであれば、安心して格安スマホを使うことが出来るでしょう。子供に携帯を持たせる場合には何かと不安ですが、IIJmioなら「みまもりパック」というオプションがあります。これは、有害サイトなどもしっかりブロックしてくれるので安心です。

【今月開催中】キャンペーンの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です